トラブル事例集

003 壁内部の結露でパネルの交換

対象建築物

住宅

構造・階数

木造2階建

延べ面積

189m2

施工期間

平成8年5月14日~8月29日

工事費

4,400万円

現象

竣工後1年4ヶ月程経って、外壁特殊セメント防火板(t=12直接釘打ち工法)の板全体に渡り、ビスより白い粉が流れ出し、外壁全体を汚し部分的にパネルのゆがみや剥離を起こした。

原因

外壁断熱工法で施工されたが、壁内部下端水切りの設計位置が不良であったことを含め、下端から笠木までの通気についての配慮が甘かったため、壁内で結露現象が起き、冬季に凍害を起こしたものと思われる。

賠償額

389万円(全額保険対象)

補修内容

パネル全体のビス・小口部分に欠陥を生じたため、壁面パネル全体を交換するとともに、下端・ 中間・笠木の鉄板の納まりを調整、改善することになった。

ページトップ

一般社団法人 日本建築士事務所協会連合会 有限会社  日事連サービス

本保険の内容等、詳細については下記にお問い合わせください

〒104-0032
東京都中央区八丁堀4-9-4 東京STビル3F
TEL:03-3552-1077 Fax:03-3552-1066平成29年2月作成 16-T23435

  • サイトマップ
  • 個人情報保護方針
Copyright © 2016 有限会社日事連サービス  All Rights Reserved.